ようやく

関東を中心に活動中のベーシスト:真辺俊輔のHP兼ブログ。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
先日29日で6月から始まったTHE BRIGHT BELLRINGERの九州ツアーも幕を閉じた、


毎週ライヴという夢のような一ヶ月でした。
日常生活に戻ると相変わらず世間はくだらない情報ばかりが飛び交っている…。(WIN高速化PCというパソコンを快適に起動するはずのフリーソフトを入れて再起動したらXPが正常に作動せずに危うくデータが消えてしまう所だった…。ふざけやがって…)
それはさておき、いろんなことがありました…
全部を書くときっと寝れなくなるので省略します☆(手抜きですいません…)

7/21の「零の夜」の打ち上げ中(深夜3時過ぎだったと思う)に
鹿児島の祖父が亡くなったとの連絡が入り、急遽鹿児島へ…
そのころの九州南部は記録的な大雨で高速も電車も熊本のあたりで通行止め…。仕方なく下道で土砂崩れや冠水になっていない道路を走り福岡から8時間ぐらいかけてようやく通夜の会場に到着、そこには横に寝ている祖父の姿と写真があった。
いまだにあの光景は忘れない

初めての「死」との直面、

普通は悲しくなるのだろうが変わった感覚が芽生える


「怖い」


異様な寒気と涙が襲ってきて同じ空間にいることが出来ずに
ずっと外で降り止まない雨をじっと見つめていた。

いつからいつまでそうしていたかなんてさえも覚えていないが
「死ぬこと」について何かを感じて考えていたことは確か、
今はもう何を考えていたかなんてさえ覚えていない…
分かったことは「生」と「死」は意外と近くにあるということ…。隣りあわせなのかもしれないし、きっと「生」と「死」は同じことなんだともさえ思えてくる…



おっと、このままだと話が変わってしまうな…


結局、祖父の顔を見ることも出来ずに次の日の大分のライブに向けて深夜3時に車を走らす。
朝の10時にはメンバーと合流しライブが終わるとまたまた福岡まで深夜に車を走らす、ほとんど寝ていなかったがコンビニで買った「眠眠打破」のおかげで問題なく運転できたが家に着いても寝ることが出来ずに疲労は溜まるばかり…

寝るつもりの人が飲むもんじゃないな、ふざけやがって…


この3日間が一番ハードだったかな……



まぁいろいろありで罪と罰についても考えた、

罪を犯した人間が罰を受ければ許されるなんてそんな話ある分けない、報いは受けて当然。今まで傷つけてしまった人たち
をこれからの半生をかけてでも償うべきだと…そう思った。
俺は自分の大事な人を、大事な人たちをもう傷つけたくない。
過ちは繰り返してはならない…

だがもし今までの自分の生き方そのものが罪だとしたら…
誰に?どこに償えばいいのでしょうか?
それを見つけることもきっと人生の楽しみ方の一つとでも言うのでしょうか…



何はともあれ、

梅雨も明けて今日もかなりいい天気だった、
こんな日が続いていたらさすがに引きこもりの俺もたまには海にでも行きたいとも思えてくる。

明日も晴れると良いな…



呼んでくれた方、感謝します☆

そして今まで出会ったすべての方々、ありがとう。おかげさまで今日もしぶとく生きています。どこまで行けるか分からないけど見届けてくれる方のために行けるとこまで行ってみます。
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

 | Copyright © "響鐘低音奏者" All rights reserved. | 

 / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。