リハーサルとコンプの話

関東を中心に活動中のベーシスト:真辺俊輔のHP兼ブログ。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
某スタジオでリハでした! 後輩から借りたAPHEX XCITERと、レコーディングに向けてコンプ模索中なのでStudio GREAM オリジナルのコンプを御借りして試しました。

Studio GREAMの製品にはギター用、ベース用はなくどちらにも使えるペダルばかり。
このコンプの電源は9V~18Vに対応。音に艶が出る以外は殆ど音質変化の無いナチュラル系コンプで、TONEとPADスイッチが付いている点が特徴。ブースト具合も非常にスムーズなのでブースターとして使うこともオススメ。
指弾き、ピック弾き、スラップと一通り試しました。激しいコンプサウンド(パコパコした音)ではなく、ダイナミクスもしっかり出力されバランスの良いサウンドになります。
TONEの効き方も良いポイントを抑えており、プリアンプを使わずこのペダルだけでサウンドメイクするのも有りかなと感じました。
価格は21000円だそうです。今使っているMXR M-87を売ってしまって乗り換えようか検討中ー。
レコーディングで良い仕事してくれそうな気がする。。
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

 | Copyright © "響鐘低音奏者" All rights reserved. | 

 / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。