試奏巡り!!

関東を中心に活動中のベーシスト:真辺俊輔のHP兼ブログ。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日は色々とベースを試奏してきました☆

先日、9年ほど愛用していたAmerican Deluxe 5 (以下アメデラ)のネックがヒビ割れた事を書きましたが、
ネックのオーダーが予想以上の費用がかかるということで、これを機に新調する事に決めたからです。
もちろん共に成長してきた愛着のあるベースなので、
今後時間をかけてしっかり修理する予定ですけどね^^

何日か前からデジマート等で見つけて気になっていたベースを片っ端から弾いてきましたよ♭

今回のテーマは「強固なネック」と「ときめき」です。

昔の話ですが、アメデラを買う事になったきっかけは以前に使っていたベースのトラスロッドが折れた事がきっかけでした。
んで今回もネックのヒビ割れですよ。。。。
二本続けてネックが原因での買い替えとかさ、もうトラウマになる域です。
なのでまず第一に「強固なネック」なのです。

「ときめき」についてはもうそのままですねw
心が動くかどうか、とても重要なところです。
良い楽器は世の中に沢山ありますが、「欲しい!」と思えるのは極僅かなのです。
少し恋愛にも通ずる所があるのかな?と書きながら思いましたが、そんなことはどーでもいいかw


なるべく試奏を普段の環境に近づけるために
愛用ヘッドアンプ「Acoustic Image Clarus 1 SERIES III」と
アンプケーブル「Analysis Plus Clear Oval」と楽器用ケーブル「Analysis Plus black Oval」を持ち込みました。
あとラインの音もチャックしたかったので
長年の練習のお供「KORG PANDORA」とヘッドフォン「ATH-PRO700」も持って行きました。

さまざまな期待を抱いていざ試奏へ~~~
※感想等はざっと書きます。スペックも書くのは面倒なので知りたい方はググってね。


まずは新大久保にある黒澤楽器日本総本店のベースセンター。

ここはウッドベースを購入した時に「早く買えよ」って言われそうなぐらい相談に乗ってもらった信頼の置けるお店です。
まぁ言われてないですけどね。

店員さんに今回の経緯と希望を伝え、オススメ頂いたのがこのベース↓↓

「elrick gold series e-volution 5」

2012-03-07 13.34.17

まぁいわゆる「ハイエンドベース」ですね。
作りも音も全てが上質かつ上品。音作りも多彩。ネックは3ピースでちょっとやそっとじゃビクともしない。そして3.4Kgと軽い。新品の状態でもしっかり鳴ってくれるので即戦力間違いなし。こんな上物が320000円って破格に近いと思う。


続いて同じく新大久保の「THE中古楽器屋」

ここでは3本弾かせてもらいました☆

まずは「Ken Smith Design Brooklyn BR635-SB」
2012-03-07 15.14.192012-03-07 15.14.32

中古って言ってたけど「新品未使用のアウトレット」って感じでキズやくすみも一切無し。ケンスミスのネック材を使って日本の工房で組み上げてるらしい。ボディ材はホワイトアッシュとアルダーをセンターで合わせた特殊なボディに指版はマッカーサーエボニーの平面張り。ピックアップはノードストランド社製のシングルピックアップとビッグシングルピックアップで、プリもノードストランド社製が搭載されたモデル。
見た目も渋ければ音も渋い。パワーのあるヴィンテージトーンって感じ。プリの効きが良くてパッシブ時にも効くトーンも付いてるので音作りも多彩。ネックはさすがの強度。ネックとボディの重量バランスも◎。

後の2本は左から「Fodera NYC Empire 5 Strings」と「Inner Wood Custom J5」
2012-03-07 15.42.16

「fodera NYC Empire 5」はあの超有名なハイエンドベースブランド「fodera」のNewスタンダード。らしい。低価格モデルみたいな感じ。音はあまり好みじゃなかった。。。けどヘッド部分のバタフライのロゴはやっぱり憧れますね☆

「Inner Wood Custom J5」はローアクションセッティングで有名ですね。演奏性は抜群ですが好みではなかった。。
けどこのメーカーのベースは他に何本か弾いてみたい。。


次は御茶ノ水の「ギタープラネット アコースティック館・ベース館」

ここでも3本弾かせてもらいました。

まずは「Bacchus Twenty-Four 5st Spalted Maple Top/Black Burst Gloth」
2012-03-07 17.00.53
Bacchusの中でも高価格なハンドメイドシリーズの限定品。2本ぐらいしか作られてないらしい。木目が凄く綺麗。Bacchusオリジナルピックアップとbartolini XTCTとの組み合わせで多彩な音色。ネックは3ピースでしっかりしてるしサスティーンと演奏性も◎。けど思っていたよりボディが小さく軽いためローBの鳴りがイマイチ。けどプリアンプで充分補正できる範囲。
かなり丁寧な作りだけど価格は210000円と安い。ほとんどの材が自社製なので安く出せるんだとか。。かなりコスパ高い。

次に「Fender USA Custom Shop Custom Classic Jazz Bass Ⅴ」
2012-03-07 17.02.46
このベースに関しては説明不要かな?
ボディが2ピースだったのが意外だった。指版もネックもボディも木目が綺麗に真っ直ぐでした^^
fenderは良い木材をCustom Shopにしか使ってないじゃないかな?って思えるぐらいに。ピックアップもプリもアメデラと変わらないから馴染みのある音だし作りがしっかりしてるなーぐらいにしか思えなかったw

次に「sugi NB-5E RED」
2012-03-07 17.32.54
委託中古で入ってきたばかりの値段も付いてない未清掃の状態でしたが、店員さんと話し込んでる内に奥から出してきてくれました。
「世界が認めた最高のパッシブサウンド」とか「極上のパッシブ!」とか色々目にしますが、まったくその通りでしたね。
精巧な作りはもう芸術品の領域。弦が古くても良い音がすることが不思議でたまりません。きっとすぐに売れちゃうんだろうなー。

続いて秋葉原の「イケベ楽器ベースステーション」へ

ここでは3本弾かせてもらいました☆

まずは「dragonfly CS-5 CUSTOM (ALDER)」

2012-03-07 18.58.452012-03-07 18.58.50

今はもう有名な国産ブランドですね。ツマミをいろいろと弄った後にアクティブだと思って弾いてたらパッシブだった。騙された気分、、それぐらい癖がなく自然な音色。ステンレスのフレットって立ち上がりも速いしアタック感もしっかり出るんですね。オリジナルプリでの音作りも多彩なのでライブよりはレコーディング向きなベースだと思う。ラインの音が気持ちよかった^^

次に「Sadowsky Guitars Metro Series MV5 (TBK)」
2012-03-07 18.40.06
アメデラに搭載したプリと同じ「NYC Preamp」が搭載ってことで弾いてみた。
当たり前だけど同じ音がする。ピックアップってあまり関係なくプリだけでSadowskyの音になるんだなーって感心。
ボディが軽いのとブリッジが軽いせいかネックに比重が傾きがちでローBの鳴りがイマイチ。もっと重いボディにした方がいいね、これは。やはりSadowskyはMetoroじゃ物足りないかも。

最後に「Performance YB5 (Natural Satin)」

2012-03-07 18.30.372012-03-07 18.30.46

このベースに関してはちゃんとリンクを貼ります。
「Performance YB5 (Natural Satin)」

少量生産のため日本にはほとんど入ってこないらしいです。
「ライヴ/レコーディング・モード」というピックアップの出力の周波数特性をフラットにし、発電された電力を最大限に使う方法を用いて低音から高音までスムースで音圧感のある出力特性を引き出す機能が搭載。とのこと。
まず鳴りが抜群。楽器全体が綺麗に響く。試奏始めはアンプに繋がず充分に楽しめた。
アクティブ臭さの無い、かなりストレートなジャズベサウンド。けどパワーがあって音の塊がスピーカーから飛んでくる感じ。
オリジナルのプリは幅広く音を作るというよりは楽器の良い所を活かす事ためだけに搭載されてる感じ。
リアピックアップがブリッジ寄りでこのトーンにまた病み付きになる。

今後、知名度が上がれば絶対に流行ると思う。

いろんなベーシストに弾いて欲しい。

ホントお願い、一度弾いてみてください。





こんな感じで試奏レポート終わります。


簡単に書いたので詳しく聞きたい方は声をかけてください。
読んでくれているベーシストの何かしらの参考になれば幸いです。
この記事へのコメント
ネックの強度と言う点では異質な木材のラミネート5ピースネックとかが最強の部類?
この手では古くはヤマハのSB1200(新品~数年使っていました)とBB2000何かは鬼強度?


普通の単一材では、いわゆるハードロックメープル。重いメープル材(ホンマモンのメープル)が一番かも?
因みに、初期のムーン(PGM)がこれ。
自分のJJもメーカー設立6年目頃にセミオーダーした物。(35th アニバーサリーと同じ仕様のオリジナル)
ネックは超安定。
冗談でなく如何なる環境下、急な環境変化(灼熱の密閉車内~冷房キンキンの会場。極寒の車内~暖房ガンガンの会場)にもほとんどネックが動きません。感動!
こんな楽器(ネック)他に知りません。

同じムーンでももう少し時代が下って、いわゆるムーニーロゴ以降はそれまでとは何か全て別物(残念な方向)になった気がします。
もしムーン(中古)をご所望ならば1980年代物をオススメ致します(アルダーもアッシュもネックのハードロックメープルも比重の高い(重量級)の良質な物。故に劇重で大変ですが)
2014/09/05(金) 10:56 | URL | 豆狸 #EvmDRqhQ[ 編集]
ネックのシッカリしたモノで個人的なオススメはmoonの創業当初~10年以内のハードロックメイプル物。
多分、昨今の材とは別物。また同ブランドのムーニーロゴ(同じブランドとは信じ難い残念賞)とも別物。

かく言う自分のベースが29年前(創業6年目)にセミオーダーしたmoonのJJ。
ホワイトアッシュボディー(高比重の本物。当然劇重(当時のmoonのポリシー)。昨今の軽めなアッシュはスワンプ物で別物)に
ハードロックメイプルに鍔だし21fの本黒檀指板。
バルトリーニの9Sピックアップのパッシブ回路。
極平凡な標準的な仕様。
因みに、仕様的には昨年リリースされた35thアニバーサリーのJJ4とたまたま全く同じ。

以来、どんな環境にさらされても安定していて、
ほとんどネックが動いたり狂いが生じません。
、、、極寒、灼熱の車内に放置~空調効きまくりの『現場』で即音だし!でも問題有りません。
当然、トラスロドを弄った(=ネックを外した)記憶はほぼ皆無。
感動的と言うか、、、神憑っています。

2014/06/11(水) 15:58 | URL | 豆たぬき #EvmDRqhQ[ 編集]
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

 | Copyright © "響鐘低音奏者" All rights reserved. | 

 / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。