リハとウッドについて

関東を中心に活動中のベーシスト:真辺俊輔のHP兼ブログ。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
久しぶりの日記です。

皆さん、元気でした?w


今サポートをしているユニット・Astyの9月のレコーディングに向けて1日にリハがありまして
、今回ついにウッドデビューしました^^

リハ


ウッドを買ってから一緒に外出したのは初めてですw

リハ中には色んな課題が見えましたねー。。

・アンサンブルの中での音の混じり方
・ピックアップ、アンプを通すことでの発音タイミングの違い
・アンプの位置、弾く位置によるハウリング対策
・譜面台の置き方や置き場所

などなど。。

短いリハの時間の中で考えることが多くていっぱいいっぱいでしたね(;・ω・)

一番気になったのが発音のタイミング。
家でPC→スピーカーで音を出しているときは気にならなかったんだけどなー
スタジオにあったアンプのせいかな?

全部遅れて出てくるんですよね。。

もちろん体感しているテンポと合うはずも無くて・・
そこを上手く修正して弾ければよかったんですが、追いつかなかった。
練習不足が露骨に出てしまって悔しい。

そしてまだまだ指や腕の鍛え方が甘い!

あと二周りぐらい太くしないと理想の音は出てくれない!と実感。。

スキルの高い人が集まっている現場なので足を引っ張らないように努力あるのみです!




リハが終わってから次の用事まで時間が空いたので早速個人練習!!

361565653 (1)


リハでの反省点を中心に練習と
+アンプを通してイコライジングの研究やハウリングのポイントなどを研究してました。

んで今ウッドに付いてるUNDERWOODのピックアップなんですが、かなり癖があることが判明。

それは「取り付ける位置によって音が変わる」
という当たり前の事ではあるんですが、その差が激しすぎるんです(^-^;

P1000181.jpg


写真で見ていただければ分かるように
弦を支えている駒の中間部分の溝状の形のところに嵌め込んで使うのですが、
「何ミリ嵌め込むか」や「嵌め込む際の圧力」で低音や倍音の拾い方に雲泥の差が出てしまうのです。。

まぁその分感度が良好ということなんでしょうがw


今後の課題としては
・レコーディングまでに曲に合ったベストポジションを見つけること。
・アンプのイコライジングではなく、嵌め込み具合でトーンをコントロールできるようにする。

この2点がしばらくの研究対象になりそうです。



ちなみにリハ前にウッドの弦高調整にも行ってきました^^

今までは鍛えるために「標準より少し高め」にしてもらっていたんですが、
あまりにも左手の古傷に響くので「標準よりも少し低め」に調整してもらいました!
(最初からそうしとけってねw)

P1000184.jpg


んー、写真じゃ分かりにくいですかね。。

左手にかかる負担がかなり軽くなって大満足!

弦のテンションも変わったので右手も微調整が必要ですね。



他にも課題は沢山あって、思っている以上に余裕が無いので一日一日をしっかりと生きたいと思います。


そんな感じです、もう寝ます。

おやすみなさい。
この記事へのコメント
一番の原因は、、、物理的な錯誤。
何かと言うと実際に音の出るタイミングと本人の感じているポイントに僅かなズレがあると言う事に成りますが
具体的にはピチカートの際に弦に指が触れた瞬間をリズムのタイミングと感じているのが問題の根本。
この時点(瞬間)では弦はまだ振動を開始しては居らず、アタック音(ノイズ)のみ。
次に指先が弦から離れ弦が振動を始めた時点(瞬間)が実際の音のタイミング。
僅かな時間的な誤差ですが、これが致命的な遅れ?後ろからくるタイミングとノリの重い等(個人的には牛(モウモウ)ベースと命名?)の嫌われる原因。
弦に指先を深く掛け、より太い音、大きな音と一生懸命になる程病巣は広がりより深刻な事態に、、、(かつての自分も)
処方箋とお薬は、、、
タイミングのオンを弦のリリースポイントに改める。
又は、アタック~リリースの所要時間(100分の難病?)を極力ミニマムにほとんど無くす(1000分の数秒)位に素早いピチカートを実践する。
素早いピチカートの為には指先を深く掛け無いのが吉。
(昔のバークリーの日本語判テキスト(絶版)では指先極僅かの引っ掛かりを強調。実際には指先五ミリ程度かと。これはエレキベースと大差無い位のかかり具合)
、、、
ピチカートの入力ベクトル(方向)も重要ポイント。
エレキベース的な隣の弦で止める横方向の入力では表板が良く響いて迫力はある傍鳴りする音(しかし抜けない)になる傾向。(ボーン。バーン等のイメージ)
入力が立て方向(近似含む)では弦振動が駒からサウンドポスト(魂柱)を伝わり裏板を良く振動させて、
傍では音量が若干低下するも遠鳴りする音。(ドィーン、ブィーン等の締まった音イメージ)
、、、
2014/06/11(水) 16:52 | URL | 豆たぬき #EvmDRqhQ[ 編集]
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

 | Copyright © "響鐘低音奏者" All rights reserved. | 

 / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。