模様替えと猛練習

関東を中心に活動中のベーシスト:真辺俊輔のHP兼ブログ。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
先日、機材の配置の効率を考え模様替えをしました^^

P1000084.jpg


配置を変えるだけでこんなにも部屋の響き方が変わるのかと少々驚きましたが、、、、
結果的に前よりもアコギの響き方が良くなったので多分良い感じなのでしょうw

配置換えを行うたびに思うんですが、機材やPC周り含めて電源とかの配線が一番面倒ですね・・・
一応PC関係と機材関係のコンセントを別口から引っ張ってはいますが機材関係の電源が明らかに足りません。
もう一個FURMANのタップを買おうか迷い中です・・
っていうかもっと良い電源タップも試してみたい。
けど電源の質をこだわりだしたらコンセント本体まで変えたくなってしまうだろうからキリがないので止めておこうかな?とか色々悩み中。。。

まぁそれはそのうち揃えて行くとして…


最近、とあるユニットのサポートが正式に決まりまして、
ユニットの曲としてフレテッドよりもウッドベースやフレットレスが向いてると思ったので久しぶりにフレットレスを引っ張り出して練習しています。
(写真中央に写っているベースです)

このベースは年代としては35年位前のとても古いベース。
フレットがあったんですが浮いてたり割れてたりと状態が悪かった上、
トラスロッドも回せない状態だったので学生時代に自分でフレットを抜いてみたベースです。ちなみにリアピックアップが断線していて音が出ませんのでフロントのみで利用しています。
サウンド的には世間一般のフレットレスベースのような伸びのあるトーンは出なかったので、ウッドベースに近いサウンドが出るように弦高を高めにきつく調整しています。

内容だけみると欠点ばかりのベースなんですが、、、
ベースを弾き始めた中学生のころからの付き合いなのでもう13年の付き合いになりますかね?、かなり愛着があるので何とか使って行きたくて今はこういう調整で使用しています☆


んで話を戻しますと、、

今までずっとフレテッドを使っていたので慣れないフレットレスを弾くのにかなり苦戦中なのです。。。
正確なピッチはもちろん、ピッキングでのニュアンスの出方も様々なので常にラインで録音をして研究中です。
弦高も高めなので押弦の基本としている‘ワンフレットワンフィンガー’も出来そうになく、ウッドベースと同じ押弦方法でスケール練習もやり直したり。。
音の研究をしていくうちにアップライトベースが欲しくなったりねw


うん、

日記って思いつきで書いてたら終わり方分からなくなるよねw

とりあえず・・・

まぁそんなこんなで猛練習中なのです!
腱鞘炎が悪化しないよう気をつけながら頑張りたいと思います!


明日は晴れますように??
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

 | Copyright © "響鐘低音奏者" All rights reserved. | 

 / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。