ケーブルを買いに行きました。

関東を中心に活動中のベーシスト:真辺俊輔のHP兼ブログ。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日はスタジオ前に横浜駅の石橋楽器へ行ってきました。

目的は前々回の日記にも書いたんですが楽器のケーブルを購入するためです^^

今まではCUSTOM AUDIO JAPANを愛用してまして、パッチケーブルもすべてCAJで揃えてました。

柔軟性に優れ音質もクリアーで忠実、かなり使いやすいケーブルです。
愛用しているプロもけっこう多いですね☆

そんなCAJとの付き合いも専門学生の頃からなのでもう5年ぐらいになります・・・

決して悪いケーブルではありません、がしかし最近もっと良いケーブルがあるはず!って思い始めてからはほぼ毎日ケーブルのサイトばかり見ていましたww

狙っていたのはBELDEN8412のケーブルが使われてクライオ処理が施されているELKCRYO。日記コメントでも薦められていたのでずっと気になっていました。


店に入りさっそく試奏の交渉・・・
残念ながらELKCRYOは取り扱っていないらしく断念、、
とりあえず試奏できるケーブルを全部持ってきてもらってCAJとの比較をしながら決めることにしました☆

まずはELKCRYOと同じくBELDEN8412が使われているCBIを試してみました.
http://item.rakuten.co.jp/ishibashi/c/0000000868/
後から調べたのですが「プラグ先端まで銅線が入っているので音響特性、耐久性が飛躍的にアップ!!」とのこと。

実際に試奏してみると飛躍的に音質が向上した印象はなかったですが音も太くレンジも広い、いろんなところで高評価を受けるだけのことはあるな?って感じです。
「CAJよりは上質」とは思いましたがキャラクターの変化もあまりなかったので、これだったらわざわざ買い換えなくてもいいかな?って思いました。。

その他にもPROVIDENCE、EX-pro、MONSTER CABLE (BASS)、LIVE LINE、FENDER、etc・・・・
あらゆるケーブルを少し弾いてはCAJに差し換えまた戻す・・・という作業を繰り返し、じっくりと吟味しながら試しました。

耳がCAJに慣れているせいもあるのか、なかなかこれだ!!って思えるケーブルが見つからず約一時間後、、、

EVIDENCE AUDIOっていうUSAブランドのケーブルに目が止まりました。ケーブル部は一見コタツ線のような緑色と青色で2種類、、
プラグ部も太くてケーブルも硬く、扱い難そうな感じ。。。

見た目があまり良くないので敬遠気味でしたがせっかくなので試してみることに。

やっぱり硬くてちょっと扱い難く「これもハズレか?」って思いながらも音を出してみる、、、

すると今まで試したケーブルではありえなかった輪郭が太く重厚な音が出てきました。
「なんだこれは?」と思いながらも5弦の低音からハイフレット、ハーモニクス等あらゆる音域を試しましたがかなりクリアに再生してくれました。音の芯をさらに後ろから押してくるような感じです。
音の立ち上がりの良さや低音の太さにピッキングがうまくなったと思えるほどです。(実際そんなことはないですが・・)

このとき試していたのは緑のThe Lyric HGの2芯構造のケーブルで、青のThe Melodyが1芯のタイプのものでこちらも試してしてみました。
緑のThe Lyric HGと比べると低音域がちょっと薄く、ギター向けって印象でしたね?

EVIDENCE AUDIOを試した後に今まで試したケーブルの中でも一番印象が良かったCBIと比較してみましたが、EVIDENCE AUDIOの方が素直に音が良いと感じました。


もうこれしかないな!!って思えたのでさっそく値段を聞いてみる・・・

店員さんから値段を聞いた瞬間、思わず「えっ?」って言ってしましました(笑)

だって今使っているCAJのケーブルの2倍以上の値段がしたんですから (*_*)
今回は素直に演奏して耳で聞いて良かったものを買いたかったので、先入観を無くすため値段を見ずに試奏に臨んでました。
有名なケーブルブランドの大体の相場を把握はしていましたが、これは明らかに想定外。。。
がしかし見た目やケーブルの硬さはイマイチだけど音が格段に良い・・




悩みに悩んだ結果、、、








2分で買うことに決めました。

5mを2本、S?SとS?Lをそれぞれ1本購入☆

家に帰ってからサイトをチェックしてみると『もうこれ以上のケーブルは存在しない。』と言い切ってしまってますww
http://www.ishibashi.co.jp/evidenceaudio/

確かに、今現在の自分の中ではダントツにNo1のケーブルです。


まぁケーブルには使う人それぞれの好みがあるので絶対とは言いませんが今回学んだことを一言・・

『高いケーブルはそれなりに良い』ってことですかね。(普通ですが・・)


皆さま、是非お試しあれ☆
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

 | Copyright © "響鐘低音奏者" All rights reserved. | 

 / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。