2009年02月

関東を中心に活動中のベーシスト:真辺俊輔のHP兼ブログ。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
いやー寒い!

これだけ寒いとベースを弾く前のウォーミングアップの時間が長くなりますよね!
腱鞘炎も再発しないかと心配です。。


さてさて、先日のライヴでデビューをしたBB Preamp の感想を↓↓

まずツマミのセッティングですが

GAIN・・・0
VOLUME・・13時
TREBLE・・12時
BASS・・・14時

って感じで挑みました。

使用上の注意点としてはVOLUMEを上げていくにつれ、MIDが少しづつ強調されるということ、音の太さはそのままでちょっと硬くなるわけです。

そのおかげで音抜けよく太いベースサウンドが作れるわけですが、個人的にはこれ以上VOLUMEを上げるのはきついため、BASSを強めに効かせる事で音をちょっと丸くして使う方が好きでした☆

ラインの音もチェックしましたが、音像もぼやけることなくズッシリとした迫力のある音でした。
普段からリハ中にラインとマイクのバランスはチェックしていて、6:4とか6.5:3.5とかで混ぜてもらうんですが、今回は5:5で混ぜてもらいました。BB Preamp効果でラインの音が普段より硬かったためです。

音の存在感は十分、、ライヴ中でも音が埋もれることなくハッキリと聞こえます。

しかしクリアで抜けすぎるのも場面によってはデメリットになる・・
さらなる追求が必要だと感じましたね(゜-゜)

※当たり前ですが使用楽器や弦、アンプの特徴との相性もあるので参考までに・・・とりあえず買って使ってみましょう(笑)

俺もしばらくは使うので、使った方は是非感想をお願いします。



次回は「BB Preampを歪みとして使ってみる」をお届けします。(多分)
スポンサーサイト

 | Copyright © "響鐘低音奏者" All rights reserved. |  Next

 / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。